東武鉄道株式会社は、障害のある方の雇用をCSR(企業の社会的責任、東武沿線地域への貢献)の重要な企業活動のひとつと考え、株式会社シンフォニア東武を平成19年1月30日に設立いたしました。

私たちシンフォニア東武は、知的障害のある方が仕事を通じて、自立し成長することを支援する会社です。また、私たちの企業活動は、沿線地域への貢献はもとより、障害者の働きやすい社会の実現を目的とし、東武沿線地域に新たな輝きをもたらす会社を目指しています。

<社名にこめた願い>

シンフォニアとは、英語で「交響曲」を意味する「シンフォニー」のイタリア語「シンフォニーア【sinfonia】」から名付けました。

私たちは、障害の有無にかかわらず、お互いを尊重し・影響し合い、みんなで成長していくとともに、オーケストラのように社員一人ひとりが持つ多様な個性や能力をつうじて、お互いの優れた部分を響き合わせ、明るい職場づくりと良いサービスの提供を図っております。

また、地域社会や東武グループ各社との「響き合い」(良い相互作用)を図り、素晴らしい交響曲を沿線地域に響かせたいという願いも、込められています。

<伸びる・楽しむ・輝く>
~成長を楽しむことにより、輝きを放つ。~

私たちは社員全員が各々「成長」し、成長した自分を楽しむことにより、当社で輝きを放つことを目指し、以下の取り組みを行っております。

○業務時間前の自主練習の推奨
パートナーが朝、自主的に早く出勤して清掃業務の練習を行っています。「成長」とは「出来なかったことが出来るようになる。」「遅かった作業が早く出来るようになる。」といった考えから、日々練習を積み重ね、確実にパートナーは成長しています。

○グッドスマイル賞
パートナーの善意的行為や接客サービスに関してお客様から感謝や賞賛を受ける等、他の模範となる行為等があった時には、指導員からの推薦を受けてグッドスマイル賞として積極的に表彰しています。また、表彰されたパートナーの笑顔と行動の内容は、受賞者ボードに掲示し、素晴らしい行動をみんなで褒めあうとともに、各自の名札に受賞エンブレムを付ける等して、モチベーションアップを図っています。


○アビリンピックへの挑戦
当社は、アビリンピックと呼ばれる障害者技能競技大会に積極的に挑戦しています、日頃の仕事で磨いた清掃やオフィスアシスタント業務の技能を発揮する場であるとともに、指導者はパートナーの成長を、パートナーは自分の成長を実感できる場となっている。

<迷わせない・困らせない・不安にさせない>

私たちは、この方針を実現するため、以下のような取り組みを行っております。

○チーフ会議による情報共有
毎日終業後、チーフと管理者でミーティングを行い、各チーフから担当したパートナーの1日の様子やその日にあった出来事を話しあい、情報を共有しています。

○チーフ・管理者への教育
チーフ・管理者への教育は、定期的にチーフ会議の場を使って行います。障害の種類や程度を理解するために、外部講師を招いて講演会を行ったり、管理者および各チーフの指導方法を見せ合い、お互いのよい所を見つけ、自身の指導にフィードバックさせるなどの取り組みを行っております。また、必要に応じ「現業指導員研修」などの外部研修へも参加してもらい、指導のスキルアップを図っています。

○マニュアルによる指導
指導に使用するマニュアルは詳細に記載し、どのチーフも同じ指導をパートナーに行うことを心掛けています。また、パートナーの成長等に伴いマニュアルの改善が必要な場合も多いため、マニュアルは随時見直しを行っております。

○評価表と面接による振り返り
毎月1回、パートナー・チーフ全員と管理者で、1人ずつ面接を行います。その中で、パートナーには評価表を配布し、今月の評価を細かく説明します。これにより、自身の成長した点、今後努力を要する点を明確にし、パートナーが成長するためのプロセスを具体的に示します。また、パートナー・チーフ共に心配や不安な点等を聞き出し、適時適切なアドバイスを行っております。

会  社  名

所  在  地

 

 

 

 

 

 

 

資  本  金
設     立
特例子会社認定

取締役社長

従  業  員

 

雇  用  率
グ ル ー プ適用

 

表  彰  等

株式会社 シンフォニア東武

■本社・北春日部事業所

 埼玉県春日部市梅田本町一丁目13番1号

■押上事業所

 東京都墨田区押上二丁目18番12号

■スカイツリータウン事業所

 東京都墨田区押上一丁目1番25号
■南栗橋事業所

 埼玉県久喜市南栗橋二丁目20番1

1千万円(東武鉄道株式会社 全額出資)

平成19年1月30日

平成19年11月26日

石附 栄一(東武鉄道株式会社 人事部長)

77名 [事務11名、チーフ(指導員)16名、
     パートナー(知的障害のある方)50名](H29.3.16現在)

3.24% (H28.6.1現在)

3社(東武ステーションサービス株式会社・東武インターテック株式会社・
    東武エンジニアリング株式会社)

平成26年度 高齢・障害・求職者雇用支援機構 全国理事長表彰 受賞

平成25年度 埼玉県知事表彰 受賞

平成24年度 埼玉県雇用開発協会会長表彰 受賞

       高齢・障害・求職者雇用支援機構 理事長努力賞 受賞

《北春日部事業所の仕事》

北春日部事業所では、平成19年の会社設立以降、順次業務拡大を行い、北春日部地区において以下の業務を受託しております。

<清掃業務>
東武鉄道株式会社春日部乗務管区や人事部能力開発センター、鉄道乗務員養成所、体育館など、北春日部地区の各施設の事務室・会議室・浴室・トイレなどの清掃を行っています。

<ベッドメイキング業務>
春日部乗務管区のベッドメイキングを行っています。

 1日の勤務を終えた乗務員が翌朝の勤務に備えて、気持ち良く快適に体を休めていただけるような環境を整えています。

<芝刈り・草取り業務>
東武鉄道株式会社の福利厚生施設である北春日部運動場の芝刈り・草取り業務を行っています。

《押上事業所の仕事》

押上事業所では、平成21年10月の開業以来業務の効率化、迅速化につとめ、現在は以下のような多岐にわたる業務を行っております。

<社内郵便の集配・仕分業務>
東武鉄道の本社と沿線の駅や各職場、グループ会社でやりとりされる社内郵便を集配し、配達先ごとに仕分します。早く正確な業務に必要なため、パートナーは沿線の駅名を全て暗記しています。

<社内郵便の書留受付業務>
特に重要な社内郵便物は、“書留”として取扱います。この書留業務には、様々な帳票類に正確な記入が求められます。

<ポスター等販促物の保管・発送>
より多くのお客様に東武鉄道をご利用いただくために、東武鉄道が作成したポスター、パンフレット等販促物の保管や発送を行っております。

<社内刊行物の配布>
東武鉄道および東武グループ内で発行される従業員向け冊子の仕分・発送も行っております。
<名刺印刷業務>
東武鉄道株式会社および東武グループ各社よりオンラインで名刺の発注が出来るシステムを構築し、当事業所で製作をしております。また、東武鉄道株式会社本社内への配達も行っています。

<ポスターボードの掲出・管理業務>
東武鉄道株式会社本社内および押上駅コンコースにポスターボードを設置し、東武鉄道株式会社および東武グループで発行しているポスターの掲出・管理業務を行っています。

《スカイツリータウン事業所の仕事》

平成24年4月に開設したスカイツリータウン事業所では、東京スカイツリータウン®内において、以下の業務を受託しております。

<清掃業務>
東京スカイツリータウン内の商業施設「東京ソラマチ®」の従業員が利用する休憩室や喫煙室・トイレ等を中心に約5,000㎡のバックヤードの清掃を行っております。

<郵便物の仕分業務>

 東京ソラマチ内各テナント宛の郵便物を、300以上ある各テナントの郵便BOXへ仕分をする業務を行っております。

《南栗橋事業所の仕事》

平成25年4月に開設した南栗橋事業所では、東武鉄道株式会社の車両工場において以下の業務を行っております。

<清掃業務>
東武鉄道株式会社南栗橋車両管区において、管理棟の清掃や仮泊室のベッドメイキングを行っています。

<工場内清掃業務>
東武インターテック株式会社の車両工場においてポリッシャーやスイーパー、自動床洗浄機等を用いた機械清掃を行っています。

<線路保守業務(一部)>
東武インターテック株式会社の車両工場内の線路の転てつ器の清掃を行っています。

□見学のご案内

当社では、見学を随時受け入れております。下記の連絡先へ、お気軽にお問い合わせください。
(受付は電話にて行っております。南栗橋事業所については北春日部事業所へ、スカイツリータウン事業所については押上事業所へお問い合わせください。)

北春日部事業所(本社)

押上事業所

048-752-0500

03-5962-2900

特例子会社とは…

特例子会社とは「障害者の雇用促進等に関する法律」に基づき事業主が障害者の雇用に特別に配慮した子会社を設立し、一定の条件を満たしているとの厚生労働大臣の認定を受けた会社のことをいいます。
 認定を受けると、子会社に雇用している従業員を親会社に雇用されているものとみなし、実雇用率に合算できることになります。